【改訂】セミナー開催における新型コロナウイルス感染防止への対応について | 一般社団法人 中部品質管理協会 | 品質管理を中心とする管理技術・マネジメント手法を教育・普及する専門機関です。公開セミナーや、QC検定講座、企業内研修会、企業内教育などを提供しています。

一般社団法人 中部品質管理協会は、品質管理を中心とする管理技術・マネジメント手法を教育・普及する専門機関です。QC検定対応講座も開催しています。

ホーム > 【改訂】セミナー開催における新型コロナウイルス感染防止への対応について

セミナー開催における新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について

 

開催予定のセミナーつきましては、以下の対策を取りながら

実施していきますのでご理解とご協力のほど

よろしくお願い申し上げます。

 

1.セミナー運営にあたって

(1)換気:休憩を1時間に一回程度取り、その間出入口を開放して

換気を行います。

(窓は閉切りですが、天井の換気システムで常時換気をしています)

 

(2)間隔:定員を減らし、十分な座席間隔(1~1.5メートル程度)を

確保します。

 

(3)グループ討議も近距離での会話にならないよう座席配置の

検討をすると共に、アクリル板のつい立てを設置します。

 

(4)講師・職員は検温・マスクを着用します。体調管理を徹底します。

 

(5)会場入り口にアルコール消毒液を設置・用意いたします。

 

(6)会場の机・備品等については消毒を実施します。

 

2.受講者の皆さまへのお願い

(1)マスクの着用(必須)

(2)研修室への入室時の手指のアルコール消毒(毎回)

(3)下記のいずれかに該当される場合の受講の自粛

 

①過去10日以内に海外渡航履歴がある方

 

②過去14日以内に37.5℃以上の発熱や風邪症状があった方

(咳・強いだるさ・息苦しさ等)

※ワクチン接種の副反応であることが明らかな場合は除く

※PCR検査、抗原検査で陰性であることが明らかな場合は除く

 

③過去14日以内に感染者または感染が疑われる方との濃厚接触があった方

※尚、セミナー当日37.5℃以上の発熱を確認した場合、

咳などの風邪症状がみられる場合は参加をご遠慮いただきます。

その際の研修は別の回をご案内させていただきます。

 

一般社団法人 中部品質管理協会

 

 

 

 

「2030年の品質保証」~モノづくりからコトづくりへ~